• conosaki
  • conosakiランドセルに関するニュース、新作情報
conosakiランドセル basieクラリーノ アンティークホワイト

conosakiランドセル【Instagram】basieクラリーノ アンティークホワイト

conosakiランドセルのbasieクラリーノ アンティークホワイトについて紹介したいと思います。

conosakiランドセルInstagramはこちら

conosakiランドセル
公式サイトはこちら

ホワイトカラー、傷にも○安全◎って知っている?

今日は、basieクラリーノのアンティークホワイトにフォーカスされた記事がアップされましたね!最近では、全てのカラーバリエーションが出尽くした。と言われていますが、その中でもホワイトは比較的歴史の浅い、新しめのカラー。

市場に出てきた当初は目立ち過ぎて素性がばれないか?傷が目立つのでは?という懸念もありましたが、じわじわと人気を集めとあるブランドのべてらん販売員のイチオシランドセルにまで登りつめました
(※フィットちゃんランドセル 関東エリアチーフ 中谷さん記事)。

かくいうわたしも、ホワイトカラーの魅力に少しずつハマった1人でして、最近ではホワイトこそ傷が目立つにくいことにも気がつきました。ランドセルの上の淵をこすりやすく、その跡は決まって色いからです。コンクリートなど硬いところに、勢いよくかすってしまったような…。

conosakiのbasieクラリーノにおいては、クラリーノFという素材を採用しており、風合いと軽さだけではなく、耐傷性も考慮されています。素材の性質から、そしえ子どもがつけやすい傷の経験からしてみても、白色でも問題ないと(あえて白なら目立たないと)そう感じております。ホワイトカラーを選ぶようなお子さんなら、丁寧に育ててくれることでしょう。

またホワイトカラーのよいところは、日中でも反射率が高く、車や自転車からの視認性が高まるという点です。最近では反射材が使用されていますが、ホワイトカラーなら本体そのものの明度が高く、背負っているだけで目立ちます。天候が悪くなんだか暗い日にも、安心して送り出せますね!

conosakiランドセル「basieクラリーノ アンティークホワイト」

conosakiランドセル basieクラリーノ アンティークホワイト デザイン

basieクラリーノの形状は、最近増えてきた‘ヘリのない’タイプ。よく耳にするフラットキューブと同じ構造ですが‘e-QBU構造’という強度があるのに、すっきりとしたシルエットを表現した榮伸のオリジナル製法です。ランドセル下部の角に丸みがあるからころっとした印象で、学習院型と比べるとやさしい印象。

ここに型崩れ防止の「しっかりくん」がとてもいい塩梅で、機能なのにもはや計算されたデザインの一部のようにランドセル側面のポイントになっています。basieクラリーノのアンティークホワイトは、素材、色味、e-QBU構造、「しっかりくん」のバランスが絶妙で落ち着いた上品でやさしいデザインを感じます。

conosaki basieクラリーノ以外のホワイトカラーのランドセル

conosakiのホワイトカラー以外のランドセルを紹介します。ぜひ見比べてみて、お気に入りの‘白’をみつけてください!くるピタチェンジBOYは男の子向けのデザインで希少。要チェックです。

フィットちゃんランドセル

フィットちゃんランドセル ロイヤルローズ ロイヤルローズ プラチナホワイトパステルガール プラチナホワイト×アクア
フィットちゃん あい・愛ティアラ プラチナホワイト×ベビーピンクあい・愛ティアラ プラチナホワイト×ベビーピンク
フィットちゃんランドセル パステルガール プラチナホワイト×アクアパステルガール プラチナホワイト×アクア

※他、オーダーメイドでは[プラチナホワイト]を選択できます

くるピタ

くるピタランドセル フィラFILA ホワイトくるピタランドセル フィラFILA ホワイト
くるピタランドセル くるピタチェンジ グレーくるピタランドセル くるピタチェンジ グレー

くるピタ ランドセル公式サイトはこちら

岐阜横山鞄

  • ピーターラビット™ランドセル 白

その他のブランド

  • かるすぽ・みらいポケット プチコレクション FLATCUBEのミルキーホワイト
  • イオン・ディズニーアナと雪の女王のホワイト
  • MARY QUANT(マリークワント)のホワイト
  • カルちゃんランドセル・プチオーダーのナチュラルのラインナップ

conosakiランドセル
公式サイトはこちら


ランドセル選びの参考にしてみてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。